CanonBall’05Jeepチェロキースポーツナビ地デジTV後期

CanonBall’05Jeepチェロキースポーツナビ地デジTV後期

CanonBall’05Jeepチェロキースポーツナビ地デジTV後期

正規ディーラー車 2005モデル 『後期型』
新開発V6-3700エンジン 背面タイヤ ブラックペイント純正ホイール ルーフレール サイドチューブバー 純正CDオーディオ ポータブル型社外ナビ&地上デジタルTV ETC車載器 キーレスエントリーシステム SRSダブル&サイドエアバック ABS etc・・・
保証高額整備費用込価格:
長い長い歴史を誇るチェロキーですが、大きな転機を迎える’01に、見た目も中身も大きく進化して登場したご存知KJモデル。それまでの四角張ったスタイルが日本においても未だ大人気な為、この丸みを帯びた斬新なスタイルは賛否両論、好き嫌いがキッチリ別れる所であるかと思いますが、少なくとも「自動車」としては格段に「良く」なり、今更ながら今時の自動車の仲間入りを果たしたとも言えるNewモデルなんです。
特筆すべきはそのエンジン。それまでのモデルでは全て直列エンジンを搭載していた為、静粛性や燃費等、少々劣る部分が目立ちました、ところがこのKJモデルでは何とV6エンジンを搭載。当然の事ながらコンパクトで場所を取らないためボンネットの長さもグッと短く、静粛性も大幅に向上。静かにスムーズに吹け上がるその様はそれまでのチェロキーとは完全に別物。パワーUPだけではなく燃費向上にも貢献し、エンジンサウンドもいわゆる高級車のそれを感じさせます。
また、思い切った丸いデザインで車高もグッと高くなり、お蔭で室内空間もかなり広々。リアシートでも天井高はタップリで大人がゆったりと寛げます。ラゲッジも広く、ガラスハッチのみ上下開閉や、横開きリアゲートの採用で使い勝手も◎。ワゴン車感覚でのご使用にも充分対応するSUVへと生まれ変わりました。そんなKJモデルのスポーツモデル、しかもその後の後期モデルとなる’05モデルです。
ボディカラーは精悍かつ、おしゃれな雰囲気漂う大人気カラーのブラック。後期モデルのNewデザインのフェイス周りやテールレンズなどとも相まっていい感じ。未塗装樹脂部との相性もいいですよね。サイドチューブバーやブラックペイントを施した純正ホイールもいい感じです。
※各部ボディ同色仕上げなどオリジナルペイントやパーツ取付等格安にて大歓迎です。お気軽にお申しつけくださいませ。
そしてシンプルisベストなインテリア。Jeepらしく少々硬めにセッティングされたシートや、少々高めな着座位置からくる視界の良さで、小柄な女性でも運転や取り回しラクラク。意外に大柄なボディではありますが、ご自身の手足としてお乗りいただけるハズです。前述の通り室内空間も以前のモデルに比べかなり広く、窮屈感など皆無。使い易いラゲッジもいいですね。純正CDオーディオの他、社外ナビや地デジTVなど嬉しい装備も充実。とても綺麗で、タバコ臭などの嫌な臭いなど皆無ですヨ。
前述の通り、このKJ型Jeepから各部の大幅な改良により自動車としての基本性能も向上し、同時に信頼性も大幅にUPしました。そのせいか、「価格優先の安売り現状販売」を行う販売店がKJ型Jeepを多く取り扱っており、販売価格も全体で見るとバラバラだったりするのも事実。この差は単純に、納める前の徹底した点検・整備をやるかやらないか、また、込みの金額か、別料金か、によるもの。
やはりいくら信頼性を増したからと言ってそこはアメリカンSUV、ほぼ現状販売で長く安心して折れるはずがありません。また長い目で見て、寿命にも大きく影響します。ですから弊社では消耗部品の交換等も含み本当の専門店として『ガッチリ整備付(費用込)』で、既に交換時期を迎えるパーツの交換整備は勿論の事、そろそろ交換時期を迎えるパーツまで先に交換整備などシッカリ対処。これにより今後の維持費は確実に変わってきます。Jeepでは何処にも負けない知識と経験を持つ当社が、チェロキーオーナーを、納車後も全面的にバックアップさせていただきます。

スポーツナビカテゴリの最新記事