2016.04.14

EXPERIMENT

半世紀以上愛される"国民的お菓子"が絶品和食に!?かっぱえびせんのかき揚げレシピ

  • facebook
  • Twitter
  • Line
  • facebook
  • Twitter
  • Twitter

「やめられない、とまらない!」でおなじみの、カルビーのかっぱえびせん。

実はこの商品は、1964年、前回の東京オリンピック開催の年に誕生した、長い歴史を誇るお菓子であることをご存知だろうか。もはやお手軽なスナックというジャンルにとどまらず、国民のソウルフードとしてひとつのジャンルを確立している。

天然えびが殻ごと入っているため、口の中に入れた瞬間にふんわりと漂うえびの香り。かっぱえびせんが持つ独特の風味や食感、香ばしさは、そのまま食べるだけでなく、料理の具材として使われることも。

今回は、半世紀以上にわたって愛される定番商品の知られざる歴史と、かっぱえびせんの特徴を活かした人気レシピをご紹介しよう。

 

@youtube

 

かっぱえびせんの歴史

 

かっぱえびせんの製造元であるカルビーは、創業者・松尾孝により1905年に誕生した。

その後、日本は何度かの戦争の影響により食糧難の時代を迎えることに。そんな中、カルビーは、米や麦などの主食の代わりに、アメリカからたくさん供給された小麦であられをつくり、健康的な食料を提供したいとの思いで「かっぱあられ」という商品を発売した。これが、かっぱえびせんの前身となるのである。

そして1964年、松尾の好きなえびをかっぱあられにまるごと練り込んだお菓子「かっぱえびせん」が誕生した。

ちなみに商品名の「かっぱ」は、1955年に流行していた『かっぱ天国』という漫画の作者・清水崑さんにかっぱのキャラクターを描いてもらったことが由来なんだとか。

 

かっぱえびせんレシピ

 

そんな長い歴史を持つかっぱえびせんの人気レシピの中から、今回は「かっぱえびせんのかき揚げ」をセレクト!

揚げ物をまた揚げるの?と思われるかもしれないが、かっぱえびせんはノンフライでつくられているのでご安心を。

 

@youtube

 

〈材料〉 (2人前)

・かっぱえびせん 20本

・たまねぎ 1/4個

・小麦粉 30g

・水 45cc

・青のり 少々

 

〈つくりかた〉

1.たまねぎを切る

2.小麦粉と青のりをボウルに入れ、水で軽くかき混ぜる

3.ボウルにたまねぎとかっぱえびせんを入れ絡ませる

4.170°の油に入れて形を整え、色味がつくまで揚げたら完成!

 

かき揚げシズル

 

サクサクでジューシーな衣の中に、えびの風味がきいたかっぱえびせん。このかき揚げを口に入れた瞬間に豊かな食感で満たされていく。

 

早速今晩、かっぱえびせん定食にチャレンジされてはいかがだろう。

 

 

おにぎり&おかず篇はこちら

 

〈提供:カルビー株式会社〉

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

twitter

newStroyの最新記事をお届けします

  • facebook
  • Twitter
  • bookmark

友達にシェアしよう!

  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
  • youtube

MORE