2016.05.17

EXPERIMENT

こんなに高いの⁉︎東京スカイツリーの窓ガラス清掃員視点から東京一高い仕事を疑似体験

  • facebook
  • Twitter
  • Line
  • facebook
  • Twitter
  • Twitter

2012年5月22日に開業した、東京スカイツリー。東京が誇る新たな観光地としてすっかり定着しました。

まもなく4周年を迎えるスカイツリーはその高さ634mと、自立式電波塔として世界一の高さを誇り、ギネス世界記録™にも認定されています。

 

tokyoskytree01

 

そんな高い場所、しかもタワーの外に出て、スカイツリーの美しさを維持するために働いている人がいることを知っていますか?

 

景観を守る“東京アオゾラそうじ”

 

aozora
©TOKYO-SKYTREE  @tokyo-skytree.jp

 

東京スカイツリーの外で働く人の正体は、窓の清掃員。

展望台から見られる美しい眺望を来場者に楽しんでいただくため、彼らが定期的にガラスの清掃を行っているのです。

 

清掃員が窓を拭く天望デッキは高さ350m、天望回廊はなんと450mにも及びます。

 

skytree05
©TOKYO-SKYTREE @tokyo-skytree.jp

 

彼らが行うガラス清掃は、天望回廊の高さゆえ遮るものがない東京の青空を掃除する様子から、「東京アオゾラそうじ」と名付けられています。

彼らが清掃しなければ窓ガラスは空気のほこりなどで汚れてしまい、景色を楽しむことができません。東京スカイツリーから見られる美しい景色を守るために、彼らは働いているのです。

 

また、清掃に使われる設備も、特別なものが使用されています。とても高い場所のため風や天候などの影響も受けやすい中、安全を考慮しながら作業できる熟練の清掃員や設備によって、東京スカイツリーから見られる景色が守られているのです。

その特別な清掃の様子を覗いてみましょう。

 

普段は見られない!”東京アオゾラそうじ”の裏側

 

skytree05

 

この動画では、東京スカイツリーの天望デッキの内側からでは見られない、清掃の裏側を覗き見ることができます。

 

①格納庫

清掃員が清掃するときに乗る巨大なゴンドラ。普段は天望回廊上部の格納庫に格納されています。清掃用ゴンドラがこのように建物に格納されるのは珍しいことなんです。

動画の0:40付近から、格納庫から搬出されるゴンドラの様子を見ることができます。

 

skytree07

 

②安全を守る“ヒモ”

 

作業中は、ゴンドラに乗り450mの高さで清掃をします。その高さはこちら。街並みも小さく見えて、恐ろしさを感じてしまうかも…

 

tokyoskytree03-1

 

清掃員の安全を守るため、作業着や作業道具にはヒモがつけられています。作業に使うものや身につけたものが高所から落下しないように、安全に配慮してつけられているものです。必要になるもの以外は外に持ち出さず、かつ持ち出すものにはこのような安全対策を二重にするようにして、安全を確保しています。

ゴンドラも制振や落下防止機能を搭載したもので、高度に熟練した作業員が使っているんです。

 

skytree01

 

また、安全を最優先に考えているため、強風が吹いていたり雨が降っていたりする日は清掃が中止されることも。そのため、月に6〜7日しか実施されない「東京アオゾラ掃除」が見られた人はとてもラッキー!

このようなしっかりした安全設計があるからこそ、高い場所でも作業員が安全に清掃することができるのです。

 

tokyoskytree04

 

高いプロ意識 ”JAPAN PRIDE” とともに活躍する清掃員

 

450mという恐ろしい高さで働いている清掃員。普段はビルメンテナンスの仕事をしている彼らですが、月に数回、東京の景色を守るために出動します。

この清掃にはその高さゆえ特別な技術が必要となるため、清掃員としては最高峰の仕事だといわれているんです。

 

そのような特別な場所で働くことについて彼らは、「最初は怖かったものの、今は東京で一番高いタワーのガラスを清掃しているところに誇りを持っている」と語ります。

「東京スカイツリーの内部にいる来場者が、珍しいものを見る目で清掃の様子を見て、笑顔になってくれることが嬉しい。これからも魅力的な現場を保ち続けたい」と、仕事のやりがいを笑顔で話してくれました。

 

skytree04

 

しかし、彼らもこの”花形”の仕事を長く続けられるわけではありません。若手の清掃員を育成するため、経験を積んだ清掃員はこの道を退かなければならないことも。

機械で行われる清掃とはまた異なる、人間味も感じられる仕事なんです。

 

skytree02

 

まもなく開業4周年!

 

5月22日に開業4周年を迎えるスカイツリー。

ブリュッセル・フラワーカーペットフェスティバルや、4周年にちなみ「しあわせの四つ葉のクローバー」の種とポットを先着634名にプレゼントするイベント、全国各地のご当地キャラクターによるパフォーマンスなど、「感謝」をテーマにした様々なイベントが開催されます。

 

また、夜限定でパフォーマーによる、音楽×夜景の窓拭きエンターテイメント「WIPE UP!」も350mの天望デッキで毎晩開催中。天望デッキをぐるりと囲む約110mの超パノラマスクリーンにプロジェクションマッピングで映像が映し出され、臨場感に包まれる空間が演出されます。

 

skytree06
©TOKYO-SKYTREE @tokyo-skytree.jp

 

広い空を守るために東京一の誇りを胸に働く清掃員の仕事を、東京スカイツリーで実際にご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

caution
©TOKYO-SKYTREE @tokyo-skytree.jp

 

<提供:東武タワースカイツリー株式会社>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

twitter

newStroyの最新記事をお届けします

  • facebook
  • Twitter
  • bookmark

友達にシェアしよう!

  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
  • youtube

MORE