2017.09.20

PHILOSOPHY

1度見たら忘れられない 不思議な世界を描くペインター-Keeenueさんにインタビュー

  • facebook
  • Twitter
  • Line
  • facebook
  • Twitter
  • Twitter

ペイントアーティストKeeenue(キーニュ)さんの描くイラストは1度見たら忘れることができない。ニョキニョキとうねるような手足のキャラクターが様々な色で表現されており、眺めていると不思議な気持ちになる作品ばかり。
 
今回は彼女の大型作品が設置されているシェイク シャック 新宿サザンテラス店にて、これまでの活動や制作活動に対する想いをを伺った。
 
 

Keeenue/ペイントアーティスト

 
1992年生まれ。2016年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
web | twitter | facebook | instagram
 
 
ーー現在はどういった活動をメインにされているのでしょうか?
 
主にペインティングや壁画を描いたり、アートワークの提供やオリジナルアイテムの販売など色々な活動をしています。
 
ーー「Keeenue(キーニュ)」という名前はいつ頃から名乗り始めたのでしょうか?
 
最初は大学生の頃にブランド名として「Keeenue」を使い、本名で活動していたのですが、段々とブランド名ではなく名前として定着していったという経緯です。
 
ーーKeeenueさんの作品は、色遣いやキャラクターが特徴的だと感じるのですが、描き始めた頃からこうしたスタイルなのでしょうか?
 
今もどんどん変わっています(笑)最初はもっと普通のイラストを描いていたのですが、人と同じ(スタイル)じゃ全然ダメだと思って、オリジナリティを出していきました。
 

-2017年8月28日〜9月3日に半蔵門ANAGRAにて開催されたライブペイントバトルにて

 
-2017年3月に開催されたExhibition “Dawn Town”にて

 
ーー休日など気分転換ですることはありますか?
 
友達と飲みにいきます(笑)ビールが好きです。
 
ーーいい気分転換ですね。活動をされていく中で大変なことはありますか?
 
毎回ペイントを始めるまでが大変です。なかなか(気分が)乗ってこなくて、ずっと落書きみたいなものを描いています。始まってしまえばいいのですが…。
 
ーースイッチが入るまでが大変ということですね。今後挑戦してみたいことはありますか?
 
海外に行きたいです。大きい壁に描きたいですね。色々な人とコラボしたりするのも楽しそうだなと思います。立体作品を制作したり、ファッションやアニメーションなど幅を広げていきたいです。
 
ーーコラボ企画は可能性が広がりそうですよね。こちらのシェイ クシャックのペイントはどのようなイメージで制作されたのでしょうか?
 
サザンテラスということで、新宿をイメージして作りました。新宿御苑から新宿二丁目の飲屋街、新宿駅、西側のビル群を表現しました。色々な表情を持つ新宿といった感じです。大きい作品を描くのは楽しかったです。
 

 
 
癖になるペイントで、人々を魅了し活動の幅を広げるKeeenueさん。冬には個展も控えているとのこと。彼女の不思議な世界はまだまだ拡大中だ。
 
 
彼女の作品が設置されているシェイク シャック 新宿サザンテラス店は2017年6月にオープンしたばかり。店内は彼女の作品でも表現されていた、人種や文化の多様性をポジティブに捉えたデザインが採用されており、明るくオープンな作りになっている。彼女の作品を眺めつつ、新宿の文化そして世界の文化に想いを馳せたい。
 
9月29日(金)には神奈川初出店となる日本5号店「シェイク シャック みなとみらい店」もオープンする。「Weigh the anchor, set sail =さあ、錨を上げて帆を張ろう」をコンセプトとした店内は、これまでの地域に根ざした活動を応援するシェイクシャックのブランドミッションをなぞったサスティナブルなデザインとのこと。ベイエリアならではの店づくりに期待が高まる。
 

-みなとみらい店限定コンクリート3種©️Shake Shack

 
 
撮影協力
シェイク シャック 新宿サザンテラス店
東京都渋谷区代々木2-2-1 新宿サザンテラス内小田急サザンタワー2F
営業時間:11:00〜22:00

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

twitter

newStroyの最新記事をお届けします

  • facebook
  • Twitter
  • bookmark

友達にシェアしよう!

  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
  • youtube

MORE