2017.12.22

INSIGHT

助産師さんと考える! 妊娠・出産にまつわるウワサの真相

  • facebook
  • Twitter
  • Line
  • facebook
  • Twitter
  • Twitter

風邪を引いた時、怪我をした時、誰でも一度はネットで解決方法や原因について検索したことがあるのではないだろうか。例えばgoogle検索で「腹痛」と入力すると約 31,500,000 件の情報が現れる。「腹痛 原因」だったり「腹痛 治し方」といった形で再検索すれば、多少絞ることはできるものの、自分に必要な最適な答えを見つけ出すのは至難の技だ。
 
今回は助産師さんに、ネットでささやかれている妊娠・出産にまつわるウワサの真相についてお話いただいた。たくさんの子どもたち、そしてお母さんたちに出会ってきた助産師さんならではのエピソードも…。
 
ご協力いただいたのは、神奈川県相模原市の一般社団法人子育てサポートハウスmarimo助産院の代表で助産師の中島清美(なかじまきよみ)さん。今回中島さんと一緒に考えた妊娠・出産にまつわるウワサは以下。
 
電磁波をあびていると女の子が生まれやすい
つわりがひどいと女の子
つわり中に好んで食べたものは赤ちゃんの好物になる
つわりが軽いとおさんが重い
アワビを食べると目の綺麗な子になる
妊娠は人にうつる
出産は満月・新月の時に多い
子どもがお腹にいる時に激しい音楽を聴くと短気な子に育つ
甘いものばかり食べると、母乳が苦くなる
 

▲中島清美さん
2003年に子育てサポートハウスmarimo助産院を開業。代表理事。
 
 

つわりにまつわるウワサ

 
ーー本日はよろしくお願いします。早速ですが、1つ目の「(妊婦さんが)電磁波を浴びていると女の子が生まれやすい」というウワサについてはどうでしょうか?
 
うーん、これは根拠がありませんね。ただ、お腹の中の赤ちゃんにとって電磁波というのはあまりいいものでは無いので、うちに来るお母さんたちにはポケットにスマホを入れ
たままにするのはあまり良く無いよ、という話はしています。
 
ーーそもそも電磁波の浴びすぎがよく無いということでしたか…。「つわりがひどいと女の子が生まれる」というウワサについてはどうですか?
 
これは無いですね。つわりが来る時点で性別はもう決まっていますからね。つわりはお母さんの健康状態だったり、ホルモンのバランスで重かったり、軽かったりが決まります。
 

-marimo助産院

 
ーーつわりに関連して、「つわり中に好んで食べたものは赤ちゃんの好物になる」こちらはどうでしょうか?
 
必ずしも、というわけでは無いですが、つわり中に無性に一つのものが食べたくなって、例えば私が娘を妊娠した時にはトマトが大好きで毎日食べていましたが、娘もトマトが大好きなので、経験としてそういった事例は多いと思います。
 
ーーなんか素敵な話ですよね。不健康な食べ物を食べ続けるというのは、よく無いかもしれませんが、妊娠中にお母さんが好んで食べたものが生まれた赤ちゃんの好物になるというのは不思議な感じがします。「つわりが軽いとおさんが重い」についてはどうですか?
 
無いですね。つわりも重いし、お産も重いという人もいれば、全くつわりがなく、お産もスルッと短時間で比較的スムーズに産むという方もいるので、こちらも先ほどお話しした通りお母さんの体調やホルモンバランスに関係してくる話です。
 

月とお産の意外な関係

 

ーー生理も人それぞれ全然体調に変化がない人もいれば、毎月辛くなってしまう人もいたりして一概には言えないですもんね。それではこちらはどうでしょうか。「アワビを食べると目の綺麗な子になる」。
 
ーー魚介類だからでしょうか。ミネラルをたっぷりとると目や髪が綺麗になりますからね
。ただ、だからといってひとつのものばかり食べるのではなく、野菜や肉など色々なものを食べて欲しいですね。それから瞳の大きさは生涯変わらないので、赤ちゃんはみんな目が大きくて可愛いです。
 
ーーアワビに限らず、色々なミネラルや栄養分を摂取した方がいいということですね!
ウワサリストも中盤に入ってきました。「妊娠は人にうつる」についてはどうでしょうか。
 
よく生理はうつるって言いますけどね。妊娠が直接的にうつるならみんな妊婦さんの近くに行きますよね(笑)でも妊婦さんや赤ちゃんを見て「私も赤ちゃんを産みたい」と考えた夫婦やカップルがいたらそのために積極的に行動しますよね。そういった意味ではうつると言っても良いのかもしれませんね。
 
ーー次は少し神秘的なウワサですが、「出産は満月・新月の時に多い」というのは本当なんでしょうか?
 
これはありますね。月の満ち欠け以外に潮の満ち引きも時間的には気にします。満月・新月になるとお腹のハリが気になる、という妊婦さんもいらっしゃいます。来年も月齢カレンダーを予約しました。大体どの助産所にも月齢カレンダーは置いてありますよね。
 
ーー意外でした…
 
データとしても満月・新月の時はお産が多いと出ているんですよね。これについては論文を書いた助産師さんもいますし、研究が続けられているのではないでしょうか。妊娠・出産は病気ではないので、自然との関わりは深いですよね。
 

大切なのはリラックスしているかということ

 
ーーなるほど。次に「子どもがお腹にいる時に激しい音楽を聴くと短気な子に育つ」についてはどうでしょうか。激しい音楽ってやっぱり赤ちゃんにはストレスになるんですか?
 
お母さんが激しい音楽が好きで、リラックスできるのだったら赤ちゃんもリラックスします。両親ともに激しいノリノリの曲が好きでずっと聴いてたら、赤ちゃんも好きになったりとかね。
 
ーー音楽とかの趣味って結構親から影響受けますよね。最後に「甘いものばかり食べると母乳が苦くなる」についてはいかがですか?
 
「苦い」かどうかは分かりませんが、甘いものばかり食べているとお乳もベタベタして赤ちゃんも嫌がります。甘噛みしてみたりとかね。長く母乳を飲んでいる子は味を覚えていて「お母さんのお乳は美味しかった」、「美味しい時と美味しくない時があった」と感想を言う子もいますよ。過去には「(ベタベタしたお乳は)バツ!」ってやった子がいました。まだ8ヶ月なのに!(笑)
 
ーー覚えているんですね!
 
お母さんが食べたものや、お母さんの体調で母乳の味や質も変わりますからね。甘いものだけ、辛いものだけではなくバランスの良い食事を心掛けて欲しいです。
 

-「いのちの授業」で使う手作りの備品

 
終始笑顔で妊娠・出産について語ってくれた中島さん。長年続けている「いのちの授業」を受けた卒業生が、結婚や妊娠の報告をしてくれることが嬉しいと続ける。
 
妊娠・出産を経験している人、していない人、身近に感じる人、感じない人でそれぞれ妊娠・出産に対する捉え方は異なる。
しかし、誰もが通ってきた人生のスタート地点がどのようにしてつくられているのか、生命の不思議について一度は振り返ってみる必要があるかもしれない。
 
 
<取材協力>
一般社団法人子育てサポートハウス marimo助産院

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

twitter

newStroyの最新記事をお届けします

  • facebook
  • Twitter
  • bookmark

友達にシェアしよう!

  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
  • youtube

MORE